失敗談を参考に。入学が楽しみになるランドセル選び

 

 

 

 

ランドセルは小学生の6年間使用するものとして購入します。
わたしが小学生の時は、祖父がいいものをと、
本革のランドセルを選んでくれました。

 

 

 

でも本革は傷が目立つし、型崩れしてつぶれてぺちゃんこに
なってしまいました。今なら、それが革の良さだとわかるのですが、
当時はわかるはずもなく、そのランドセルが嫌いでした。

 

 

 

3歳違いの弟が小学生になる時に、もう一度ランドセルを買ってもらった
覚えがあります。わがままですね。

 

 

 

高学年の5年生くらいになると布製のレッスンバッグが流行り、
ランドセルで学校に通わない友だちが増えてきましたが、
わたしは買ってもらった手前ずっとランドセルで通った、というのが
わたしの失敗談です。

 

 

 

娘のランドセルを買う時は、その失敗談を活かし、
本革ではなくいつまでも型崩れしない合皮がいいと学習しました。

 

 

 

最近は本革でも型崩れはしないようですが、合皮に比べて重いようです。

 

 

 

最近は一段とカラフルになって、どんな色のランドセルを見ても
違和感なくなってきました。
花柄や、キャラクター入りのものもあるので選ぶのに迷うと思います。

 

 

 

購入する時はまだ幼児なのでお子さんの希望だけをきくと、
6年間使う前に飽きてしまいそうですね。
その時流行りのキャラクターのデザインのランドセルは避けた方が
いいかもしれません。

 

 

 

失敗談では、値段が高めのランドセルを選んだけど、壊れてしまって
買い換えたというのがありました。
6年の間に買い替えるつもりで安いものを選ぶのも手ですね。
毎年買い替えたという強者もいました。

 

 

 

気に入った色が売り切れで、探しまわって買ったけど、
1年生の時は黄色い交通安全のカバーが配布され、
ランドセルに被せないといけないので意味がなかったという失敗談も。

 

 

 

汚れ防止にずっとカバーをつけている子もいるので、
カバーを気に入ったものにして、色や模様はそれほどこだわらなくても
いいのかもしれません。

 

 

 

今は海外の小学生が持っているような横型ランドセルも人気だそうです。
横型ランドセルにも失敗談があり、配布される交通安全カバーが
つけられなかった
ということ。
カバーが配布されるのは地域によって違いがあるようなので、
登校時の現1年生を確認した方がいいですね。

 

 

 

女の子のランドセル失敗談では、デザイン・色が気に入って買ったけど
重すぎたというのが多いようです。

 

 

 

失敗談によると明るいピンクや明るい水色は高学年になったら
恥ずかしくなるとか。

 

 

 

女の子は6年間使っても壊れることはないようなので、すこし高価なものを
買っても大丈夫そうです。

 

 

 

男の子の失敗談で多いのは、やっぱり壊れてしまうこと。
どんな使い方をしているのでしょうか。男の子は重たかったということでの
失敗談はないようです。

 

 

 

購入する前に口コミサイトでの失敗談・成功談を参考にすると
間違いないですね。ネットで購入するにしても、実際の店舗で
色や重さや背負い心地など試してみた方がいいと思います。

ランドセル最新人気ランキング  

ランドセル人気がこのようになる前から、日本にはすごいランドセルを製造している鞄製造販売店があります。もちろん子どもが学校に使って持っていったということはないようですが、ここではお店の目玉品としてすごいランドセルが揃っています。オールアミメニ...

昔は、色もデザインもほぼ単一で個性的なものがなかったランドセルですが、現在では、きれいな色がたくさんそろっていて、素材にしても、デザインにしてもたくさんの種類があります。そんな時代であればこそ、やはり障害児のためには、その障害にあわせたぴっ...

成長期の小学生に必要な睡眠時間は10~11時間です。成長ホルモン分泌が一番多いのは午後10時から午前2時の間の睡眠時です。この時間帯に熟睡することが必要です。熟睡するためには、寝る時間の2~3時間前は食べないことです。テレビやゲームや勉強も...

小学生の習い事のランキングは、1位スイミング 2位ピアノ 3位英語・英会話だそうです。10位以内に体操、サッカー、ダンスと続きます。書道、そろばんは昔も今も小学生に根強い人気です。掛け持ちでいくつも習い事をしている小学生も多く、お母さんが車...

小学生は成長期にあたるので、体重も増え身長も伸びます。身長が伸びるのは喜ばしい事ですが、体重が急激に増えるとちょっと心配になりますね。小学生は1年間で2~3kg体重が増えます。夏休みなどの短期間に5kg以上の体重増加があったり、1年間で5k...

「幼稚園までは手をかける。小学生、中学生には目をかける。高校生は金をかける(金がかかる)」と言います。育て方は子どもの性格、親の性格によって様々でしょう。育て方の基本は漢字の覚え方の通り「親は木の上に立って見る」につきます。あれこれ口を出さ...

小学生の子どもとは言え、人を叱ることにはエネルギーがいります。叱り方にしても、感覚や目線が大人とは違う小学生。こちらが叱っているのにキョトンとされて、なおさら怒りが増すなんてこともよくあります。叱ると怒るは違うといいますが、感情にまかせて怒...

TOPへ