小学生に似合う髪型を見つけよう

 

 

 

 

 

小学校は髪型に決まりがないところが多いので、

 

髪型が派手な小学生を見かけます。

 

 

時には金髪という子もいます。

 

 

 

中学校では禁止されているから小学生の今のうちだけとうことで

 

自由な髪型にしているのだと思います。

 

 

 

小学生のお子さんの希望ならともかく、

 

ほとんどは親の趣味の髪型でしかないと思います。

 

小学生の時から、毛染めやパーマは、髪の毛が痛みますし、

 

薬剤が体に悪影響を与えるのでおすすめできません。

 

 

ヘアカラーやブリーチなどの薬剤は頭皮や毛穴から吸収されるので

 

脳への影響もあるそうです。

 

 

もっと怖い事は毛根から毛細血管につながり全身へ薬剤の毒素が回るので、

 

リンパという関所がない子宮へは直接毒素がいくそうです。

 

髪と子宮は直結していると考えてもいいでしょう。

 

 

 

ヘアカラーの薬剤に入っている毒素は、子宮内膜症、子宮筋腫、

 

乳がんなどが増えている一因になっていて小学生が

 

筋腫の手術を受けた例もあるそうです。

 

 

 

活発に体を動かす小学生には、やはり小学生に合った

 

髪型がふさわしいと思います。

 

 

 

昔のように女の子はおかっぱ、男の子は坊主か坊ちゃん刈り

 

とまではいきませんが、

 

長年小学生の髪型の定番だった理由はわかります。

 

 

 

自立心が生まれ、お風呂にも一人で入れるようになる小学生の時期なので、

 

自分で洗いやすい髪型がいいと思います。

 

 

 

朝は親も小学生もなにかと忙しいので、親の手をかけなくても

 

整う髪型が望ましいですね。

 

 

 

夏は特に学校で水泳の授業がありますので、乾きやすく

 

手入れしやすい髪型が適しています。

 

 

 

髪型は大人になっても試行錯誤するものです。時には失敗もありますよね。

 

髪質、髪の量など考え話し合いながら、小学生本人に

 

似合う髪型を見つけたいものです。


ランドセル最新人気ランキング  
TOPへ