将来身長で悩まないために。小学生のうちにできることをやっておこう

 

 

 

 

 

子どもの身長が一番伸びる時期のひとつは小学生の時期です。

 

小学生の1年から3年は、身長の蓄積時期と言われ、

 

骨が太くなる時期です。

 

 

 

小学生の身体の成長は食生活によって変わります。

 

バランスの良い食事は身長を伸ばすためには欠かせません。

 

基本的な栄養素をバランスよく取る習慣をつけましょう。

 

 

 

この時期は、幼児期のように急激に身長が伸びるという訳ではないのですが、

 

身長を高くする日常の習慣を身につけることが大切です。

 

 

 

身長すなわち骨を伸ばすためには、骨を刺激する

 

毎日の運動が欠かせません。

 

骨を育てる運動としては、縄跳び、ウォーキング、ジョギングなどの陸上系や、

 

バスケットボールやバレーボールなどのジャンプ系が適しています。

 

 

 

小学生の4年から6年になると、思春期にはいるので身長の伸びも、

 

個人差、男女差が大きくなります。

 

小学生でも大人と同じくらい食べられるようになってきますが、

 

おなかを満たすだけの食事ではなく栄養にも気を配りましょう。

 

 

 

小学生の高学年になると塾通いをする子も増えてきます。

 

食事の時間が不規則になりがちで、間食や夜食を

 

取ってしまうこともあるでしょう。

 

身長を伸ばすためにも、バランス良く必要な食事量を

 

心がける必要があります。

 

 

 

また、見た目の問題だけで、小学生の時期に無理なダイエットをするのは、

 

一生の骨量や骨密度に影響するので控えましょう。

 

 

骨を育てる毎日の必要ですが、過度な運動は身長を高くするためには

 

マイナスになりますので、気をつけてください。

 

 

 

成長ホルモン分泌が一番多いのは午後10時から

 

午前2時の間の睡眠時です。

 

この時間帯にぐっすりと眠れていれば成長ホルモンの分泌により

 

身長が伸びます。

 

 

 

身長が伸びる時期は限られているので、小学生の伸び盛りの頃には

 

熟睡できる環境が必要です。

 

熟睡するためには、寝る2~3時間前からは食べないことです。

 

胃に食べ物があると体が休息できないので熟睡できません。

 

 

 

また、身長を伸ばす成長ホルモンは空腹時に多く分泌されます。

 

寝る直前までテレビを見たりゲームをすることも、

 

脳や目に強い刺激が入るため、

 

体が寝る体制に入らないため熟睡を妨げます。

 

 

 

テレビやゲームや勉強も寝る30分前には終わらせ軽くストレッチをしたり、

 

音楽を聞いたりしてリラックスしましょう。

 

 

 

バランスの良い食事、適度な運動、睡眠は小学生の成長にとって

 

大切な習慣です。

 

将来、身長が低い事が悩みにならないように、小学生の時に

 

できることをやっておきましょう。


ランドセル最新人気ランキング  
TOPへ