早めの対処で回復可能。小学生の視力低下は学力低下につながる

 

 

 

 

携帯ゲーム機やDVDなど小さい頃から液晶画面を見続けている

 

最近の小学生。小学生の低学年からの視力低下には注意が必要です。

 

 

そのままにしておくと視力はどんどん低下していくばかりです。

 

取り返しがつかなくなる前にできることをやっておきましょう。

 

 

 

小学生のお子さんがテレビを近くで見ている、

 

本を読むときや勉強している時に目を近づけているなどしていませんか。

 

これは視力低下のサインです。

 

離れて見るように注意するだけで、視力の維持はできます。

 

 

 

癖になると小学生は自分では気づかないので、

 

家族の方が気をつけてあげるといいですね。

 

 

 

小学生の低学年くらいですと、一度見えにくくなった視力が

 

回復する事があります。

 

 

 

外出した時に遠くの看板の文字を読んでみるなど、

 

簡単にできる視力回復のトレーニングもあります。

 

家族で看板の文字を探すゲームにしてはどうでしょうか。

 

 

 

はじめから眼鏡やコンタクトに頼ってしまうと、小学生の視力低下は

 

ますます進んでしまいます。

 

小学生の低学年からの視力低下は学力の低下、やる気の低下、

 

運動能力の低下など、目以外のことにもつながります。

 

必要な情報は目から入ることが多いからです。

 

 

 

モノを見るには目と脳も連動が必要不可欠です。

 

目の機能が落ちれば脳の機能が落ちるし、脳の機能が落ちれば

 

目の機能が落ちます。

 

 

視力が悪くなる一方だという理由がわかりますね。

 

 

 

文字が見えにくく、内容が入ってこないのですから、視力のいい子に比べると、

 

本や教科書を読むスピードが遅くなり、途中で嫌になるのもわかります。

 

 

つまり、小学生の学習に必要な集中力も持続力も、記憶力も低下するのです。

 

 

 

小学生の視力低下には、早期発見・早期対処が有効的です。

 

若ければ若いほど、目と脳には適応力がありますので、

 

回復スピードも早くなります。

 

 

小学生の視力低下に気がついたらすぐに対処してあげてください。


ランドセル最新人気ランキング  
TOPへ